元都道府県庁職員の公務員試験対策ブログ

某都道府県庁筆記1位でした。自由に書きます。

【公務員試験】公務員予備校はどこを選ぶべきか?①

公務員予備校はどこを選ぶべきか?公務員人気の今、予備校も多種多様になってきています。迷いますよね。

何を基準に選ぶべきか?私は今住んでいるところから通学可能であることと、自習室がきちんと整備されていること。この2つが最重要基準だと思っています。

自宅でDVD講義を見るより通学して生の授業を聞いた方が良い。

多くの予備校では、教室に通って授業を受けるコースと、自宅等でDVD講義を見るコースに分かれています。

自宅でも勉強できる!という方はDVD講義のコースでも大丈夫だと思いますが、自宅での勉強って誘惑が多くて大変じゃないですか?私はテレビやネット、ゲームなどの誘惑にあっさり負けてしまったので、自宅での勉強は早々に断念しました。(笑)

一方で、通学して講義を受ければ誘惑も断ち切れますし(さすがに大教室での講義中にネットやゲームをするのは勇気がいるでしょう)、大人数が集まる教室では周りの学生が頑張っている姿も自然と目に入りますから、モチベーションも維持しやすいです。

通学する教室の講師と合わないときは、教室でDVD講義を受ければ大丈夫です。各教室にDVD視聴ルームがあるはずなので、そこで見ましょう。自宅で見るよりも誘惑が少ない環境で見れるというのは結構大事です。

 

また、通学するとオンとオフの切り替えがしやすいというのも良い点ですね。私の場合は朝の10時から夕方の5時まで予備校にいました。予備校にいる時間と通学時間は勉強、それ以外の時間は好きなだけ遊ぶことでメリハリのある勉強ができたと思います。

 

席数が少ない自習室では勉強できない。

予備校を選ぶ基準でもう一つ重要な点が自習室選びです。特に自習室の広さ!超重要です。

私が通っていた予備校では自習室が狭かったので、席に座れないことも多く、せっかくやる気になって教室に来たのに自習室が空いてないから勉強できない・・・なんてこともよくありました。

予備校を選ぶ際は、まず自習室を見学させてもらい、十分な広さがあるかどうかを確認することを強くオススメします!

生徒がすし詰めになっているような自習室がある予備校はやめておいた方が良いでしょう。大手予備校であれば最低でも100席は欲しいところです。

 

具体的な予備校(TAC、LEC、大原など)についての記事はまた次回に書きたいと思います。