それでもやはり働きたくない

旧ブログタイトル名「元都道府県庁職員の公務員試験対策ブログ」

【公務員試験】大原の公務員講座について


f:id:mark-sheet:20160920212148j:plain

私は公務員試験を受ける際、大原の公務員講座を受講していました。
大原は良い予備校だと思っているのですが、通っていていくつか気になるところもありました。
大原を検討されている方は私の経験を参考にしていただけると幸いです。

自習室は要チェック

自習室の席数が少ない校舎があります。
私が通っていたところもそうでした。勉強したくても席が埋まってて勉強できない・・・なんてこともよくありました。

自習室はあらかじめ下見しておくことをオススメします。

テキストは可もなく不可もなく。問題集はイマイチ。

テキストはオーソドックスで悪くはないです。うまく使いこなせるかは講師次第によるところが大きいです。

しかし問題集・・・これがよろしくない。
とにかく解説が簡潔すぎます。なかなか理解するのが大変です。
私のような初学者にはとても辛かった。

結局私は全ての問題集を市販のもので揃え直しました。TACやLECの問題集もたくさん買いましたね(笑)
結果的にこの買い直し選択が吉とでました。

講師は当たり外れが大きい。ただし、首都圏や関西圏の講師はレベルが高い。

講師は指導力もさることながら、自分との相性も大事になってきます。
自分と合う講師を見つけるのは中々大変でした。

ただ、大都市圏であればレベルの高い講師が多いので、自分と合う講師を見つけるのは比較的容易ではないかと思います。
私もDVDで首都圏の講師の講義を受けましたが、やっぱりレベルが高い。分かりやすく、覚えやすいです。
こういう授業を生で聞ける人は羨ましいな~って思ってました。(笑)


講師との相性は正直運ですね。どこの予備校でもそれは変わりません。
予備校選びの際はあまり気にしない方が良いでしょう。